ウィザードリィ外伝〜五つの試練〜Five Ordeals
プレイ人数:243

■パンドラの悪夢

作者 Ver.0
タイトル パンドラの悪夢
公開/非公開 公開
ステータス 完成
シナリオファイル ダウンロード
コメント 【ストーリー】

交易都市として名高いエピメテ市は、
未曾有の危機に襲われていた。

未知なる感染症の蔓延により、都市機能が麻痺。
最高峰の医療施設であるエピメテ聖病院までもが、
激増する感染者への対応に苦慮する有様だった。

感染者が全人口の半数を超える中、
人々の目は、ある施設に向けられる。

生体研究所。
感染症の発生を境に連絡の途絶えた地下施設。

災禍の原因究明に向け、
同施設の探索が始まろうとしていた。


【概要】

全7階層 20×20 +α
魔法効果:固定
日本語メッセージのみ
誕生日:シークレット
二刀流:不可
ゴミ捨て場イベント:なし
SP使用:装備必須
魔法ボーナス:あり
召喚モンスター:引き連れ可
ドレイン後の脱出:経験値減少を適用
セーブデータ引き継ぎ:OK
アイテムの魔法効果:見えます
アイテムのSP:見えません

●前作は「囚人」でしたが、今回は「病人」です。
●イベント「サーチアイテム」多用。(死体など調べると吉)


【更新履歴】

あるアイテムの効果を修正。
[2010/03/09 01:59]

戦闘の難易度を修正。
[2010/05/04 15:02]

戦闘バランスさらに修正。
[2010/07/11 23:23]
更新日/登録日 2010/07/11 23:23 / 2010/03/08 02:39
コメントコメントを書く
2010/03/09 02:00 Ver.0
終盤に入手可能な、某ウイルスの「症状」を修正しました。
2010/05/04 15:27 Ver.0
以下を修正。

・敵出現グループ数の見直し
・一部敵の呪文抵抗値を減少
・終盤のドロップアイテム見直し

……全体的に戦闘の難易度を下げました。
2010/06/24 22:19 sugsyu
はじめまして、前作「監獄都市の住人」に続き、非常に独特な雰囲気のシナリオで、楽しませて頂きました。第二称号取得まで行けましたので、ご報告させて頂きます。

本作で第一に特筆されるべきは、やはり通常のWIZとは一線を画す、ホラー調の雰囲気だと思うのですが、アイテム名・モンスター名だけでなく、ゲームバランスもそれに見合った緊張感、恐怖感溢れるものになっていたのが印象的でした。ことにイベントモンスター(通路で後ろから襲ってくる!風のものなど)の配置とその強さは絶妙だったと思います。練りこまれたテキストも素晴らしい。

また、ユニークなアイテムが多いのも本作の魅力だと思いますが、なかでもウィルスの装備(!)によって、実質装備系統が二分されるというのは、非常に斬新で面白い試みだったと思います。

全体に、バランス的にもコンセプト的にも非常に完成度の高いシナリオだったと思うのですが、若干気になった点を挙げると…
・呪いによって命中率が低下するため、前衛用の「ウィルス」「細胞」が装備しにくい:
 ちゃんと検証した訳ではないので恐縮ですが、例えば侍用の「攻撃回数+1」などでは実質的には
攻撃力がダウンしてしまうように思えました。
せっかくユニークな装備システムが(クリア前は)後衛専用になってしまうのは些か勿体無いです。
呪いがあまり問題にならないよう、ACが高い敵をもっと増やすか、ウィルス/細胞装備キャラは防御力特化と割り切ってしまうか、といった調整があってもいいのでは。
・モンスター「ロストソウル」が強すぎる:前回の調整を経てもなお、強すぎる…というか出現数の幅が大きすぎ、ラスボス戦が実質、戦う前に勝敗が決定してしまう運任せになっているような。
(自分は4体だけ出現するまでリセットを繰り返して、なんとか倒せました)先に「処理所」へ行って耐即死装備を揃える、のが想定プレイなら良いのですが、やはりバカディ連発は無理ゲーすぎるかと。出現数を減少・安定させるのと、使用魔法LVの低下(あの数と耐久度を維持するなら僧侶5LVが適正かと)など抜本的な弱体化が必要かと思われます。
・研究所所長の位置が謎:床にイベントマークが付いてないのは仕様でしょうか?
 自分はだいぶ後まで存在に気づけませんでした…。一方ではラスボスと連戦になってしまう危険もあるような。入手アイテムのことも考えると、ラスボス打倒後にしか戦えないようにした方が良いのでは。

長文失礼致しました。せっかく第二クリアアイテム(これは「病」を主題にした本作にはピッタリでしたね)も貰えたことですし、Exフロアではまだまだユニークなアイテム(ムラマサ互換的刀二種が、どちらを使おうかと迷ってしまう面白装備でお気に入りです)が出そうですので、これからもアイテムコンプ目指して頑張っていこうと思います。
2010/07/04 01:23 Ver.0
sugsyu様

第二称号取得、おめでとうございます!
また各種感想も頂き、非常にありがたいです。

>呪いによって命中率が低下するため、前衛用の「ウィルス」「細胞」が装備しにくい

戦士、侍の「細胞」については、Exフロア到達後の複数装備を念頭に置いていました。呪い装備による序盤の命中率低下については、一応懸念点ではあったのですが、最終的に到達させたい攻撃力から逆算し、結局現在のような性能となりました。ACが高い敵をもっと増やす、はなるほどひとつの対策ですね。

>モンスター「ロストソウル」が強すぎる

これは……その通りかと。ご指摘頂いたように、先にExフロアで装備を調えてからの攻略を想定していたのですが、後述の所長イベントの仕様やExフロア自体の戦闘バランスを考慮すると……無茶でしたよね。出現数減少/僧侶5LVは確かに妥当な線だと思います。

>研究所所長の位置が謎

今回のシナリオ作成時の試みとして、床マーク設置を最小限にすることで、突然のイベント遭遇による緊迫感や恐怖感を狙っていました。所長に関しても、マップ埋める間に見つかるだろ程度の気でいたのですが、ある意味で重要(かつ危険な)イベントなだけに、床マークあってもよいかもしれませんね。

戦闘バランス等につきましては、修正/検証の上、
なる早でファイル更新しようと思います。
2010/07/11 23:31 Ver.0
各所で頂いた感想やプレイ記録を参考に、修正を加えました。

(1)ロスト・ソウルの弱体化
(2)戦闘イベントのひとつに床マーク設置
(3)敵の出現数、AC、ブレス確率等の全体的な見直し

ラスボス戦の難易度を格段に下げました。それなりの装備(もしくはアブリエ……もといメイルシュトロー

ム)があれば、LV13でも攻略可。
コメントを記入するにはログインしてください。

←戻る
検索
メニュー
トップページ
新着シナリオ一覧
開発中シナリオ一覧
掲示板
新規登録
ログイン
その他
パスワードを忘れた場合
ご利用規約
プライバシーポリシー
五つの試練トップへ
Copyright (c) 2006 by 1259190 Ontario, Inc. All rights reserved.
"Wizardry(R)" is a registerd trademark of GMO Internet, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) IID, Inc.