ウィザードリィ外伝〜五つの試練〜Five Ordeals
>> このページを閉じる

第七回 キャラクタ初期データ&召喚呪文設定編

ほーほっほっほ。愉快、愉快じゃのーぅ。
ほれほれ、もっとちこう寄らんかぃ。
よいのう、よいのう。大きく育っとるのぅ。
どうれ、このスイッチは何かのぅ。ポチッとな。
やーだ、おじいちゃんたら、相変わらずエッチなんだからぁ。
だめよ。めっ。
おおっと、いしつぶてじゃな。
わしは、女神の口づけのほうがいいのぅ。
ほれほれっ。
もう、おじいちゃんっ。
お仕事、まだ終わってないんじゃなかったかしら?
いいんじゃ、いんじゃよ。
仕事なんぞより、お前たちのほうが大切じゃよ。
ダ・メ・よ。
ちゃんと、お仕事終わらせないと遊んであげないんだから。
つまらんのぅ。
せっかく、スケルトンのやつがいないというのにのぉ。
ほらほら、私たちも手伝ってあげますから。
ね?
そうじゃのぅ。それじゃ適当に終わらせるかの! 今回は、簡単なところじゃしの。
では、 シナリオツール>初期設定 を開いてくださいね。
種族の設定
種族の設定 ここでは、種族の基本特性値の初期データ値を設定するところじゃな。 キャラクタを新規に作成するときに種族を選ぶとこの値がプリセットされることになるの。 このあたりの、値はあまり大きな変化をさせるべきではないかもしれんの。
値が3以下や20以上にはならんようにな。
また、設定するのが面倒な場合は、監獄セットボタンを押すことで、戦闘の監獄での初期値が設定されるようになっておる。
職業の設定
職業の設定 この部分は、職業に就くのに最低限必要な基本特性値の設定じゃな。
これも、[監獄セット]ボタンを押すことで、戦闘の監獄の値にセットできる。そこから、独自に前後させても良いじゃろう。
下のほうには、データを初期化したときにデフォルトで用意される6人のキャラクタに持たせるアイテムとお金を設定するのじゃ。
別にアイテムやお金を持たせなくても良いぞ。
召喚呪文の設定
召喚呪文の設定 召喚魔法の各呪文によってどのようなモンスターを召喚するかの設定じゃな。
こちらは、すべて設定しなければならないのかしら? 例えば、3種類しか召喚させたくないですとか。
それに、[その他(特殊召喚)]というのは何なのかしら?
1系統について7種類を必ず設定せねばならん。例えば、「ポイゾンパイン」と「ピクシ」と「バーバラン」のみを召喚したいのであれば上から

召喚呪文の設定 「ポイゾンパイン」
「ポイゾンパイン」
「ポイゾンパイン」
「ピクシー」
「ピクシー」
「バーバラン」
「バーバラン」

のように設定する方法もあるじゃろうな。
それと[その他(特殊召喚)]とは、アイテムの魔法効果で特殊召喚を選んだときに出現するモンスターじゃな。魔法効果を使用しない場合には適当に値を設定してかまわん。
称号の設定
称号の設定 最後に称号のグラフィックの設定じゃな。
最大で10の迷宮が作成できるゆえ、10種類の称号を用意することができるのじゃ。
さぁー、終わったのぅ。
どれ、続きじゃ続き。ほれほれ、はよぅ寄らんか!
ただいま帰りましたー。
先生の好きな温泉まんじゅう買ってきましたよー。
いやもう、お盆渋滞で疲れましたよ・・・って
おじいちゃん、あたし欲しいものあるんだけどな。
おお、小遣いか。いくら欲しいんじゃ。
先生・・・いったい、何を・・・
ん?なんじゃ、どうしたのじゃ?
((こんにちはー))
先生!僕のいない間にそんな若い娘を連れ込んで・・・ それマズいというか、羨ましいというか。
お金でなんて、そんな・・・ 見損ないましたよ!先生がそんな人だなんて!
何を怒っとるんじゃ? お盆に孫娘が遊びに来て、小遣いせびられとるだけじゃろうが。
ま、孫? お、お孫さんですか。
お前、ワシのかわいい、かわいい孫をヘンな目で見とったわけじゃな。
い、いや・・・そんな・・・ごめんなさい・・・
許せんな。次回はお前一人ですべてやるがよい。
は、はい・・・
次回以降は、シナリオのメイン部分になってくる。これまでの復習を十分しておくようにな。
では、次回は、迷宮作成編の予定じゃ。
>> このページを閉じる
Copyright (c) 2006 by 1259190 Ontario, Inc. All rights reserved."WIZARDRY is a registered trademark of 1259190 Ontario, Inc.All rights reserved."Copyright (c) 2006 IRI Commerce&Technology, Inc.